スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Barclays Premier League Hull City 1-2 Arsenal

昨日のことになりますが、プレミアリーグのハル対アーセナルの試合がありました。
今シーズンマンUとチェルシーには全敗という屈辱を喫しておりますが、
この2チームが下位に対して取りこぼしているおかげで、アーセナルはまだ優勝戦線にとどまることができています。

しかし、本気で優勝を狙うためには今後一切の取りこぼしは許されません。
非常に重要な試合でした。

先制点はアーセナル!
アルシャビンがきれいに決めます。
ところが、明らかにオフサイドなパスを受けた選手をキャンベルがペナルティエリア内で倒してしまう。
判定はPK。
なぜ?オフサイドでは?副審しっかり見てよー。
判定は覆ることなく、PKを決められ同点となってしまいます。

しかし、この後ハルの選手が退場し、1人多い展開に!
これが良い方向に迎えば良かったのですが、ハルは勝ち点を得るため同点狙いに…
がっちり守備を固められ、試合はそのまま時間だけが経過していきます。

ところが、このままドローかと思われたロスタイム、
デニウソンのミドルをキーパーがはじいたところをベントナーが押し込んで勝ち越し!!

終了間際の勝ち越し点で辛くも勝利を手にしました!
良かった、ほんと良かった。

ここでドローだとやっぱり昨シーズンとなにも変わってないじゃん。ってことになってたと思います。
セスクもいない。ギャラスもケガ。ロシツキーもダメ。
それでもしっかり勝ち点3をゲットできた。
これは明らかに昨シーズンより成長しているという証なのではないでしょうか。

マンU、チェルに全敗でも下位チームに対して取りこぼさず、優勝争いに加わることができているというのもほんとうに素晴らしいと思います。
昨シーズンまでならマンU、チェルといい戦いをしても優勝争いに加わることができていなかった。
成長している姿を随所に見せてくれています。

さらに、ラムジーのケガもあり今一度チームが結束した感があり、
このままいけばタイトル獲得も夢ではありません!
上位チームに負けて優勝だと批判もありそうですが、スポーツの世界は結果が全て。
全く関係ありません。
頑張れアーセナル!今期こそタイトルを!!



今日は残念は知らせもありました。
イングランド代表、現ACミラン所属のベッカムが左脚アキレス腱断裂でW杯絶望です。
超回復をみせても3ヶ月でプレーすることは不可能でしょう。
ベッカムの年齢を考えても、今回は最後のW杯となったはず。
W杯に賭ける思いも人並みならぬものがあったのではないでしょうか。
イングランド代表に召集される為にACミランでプレーしていたはずですし、
全盛期を過ぎたとはいっても彼の右脚が超一流であることに変わりありません。
プレーせずしてW杯を諦めることはほんとうに無念だと思います。
これが神が与えた試練だとすればあまりに非情すぎる…

ベッカムが個人的に特に好きな選手ではありませんが、
なぜかリスペクトできる選手です。これがレジェンドってやつなんですかね。
ベッカムは容姿で話題を集めがちですが、彼の右脚からは放たれる放物線はまさに芸術です。
最近はスタメンではありませんが、1つのプレーで試合を決める力を持った数少ない選手ですから
W杯で見たかったなぁ。
今回のニュースを知ってとても悲しくなりました。
スポーツの世界はとても厳しいですね。
スポンサーサイト
プロフィール

ぞりお

Author:ぞりお
1981年生まれ A型
横浜在住

サッカー大好き!!
イングランドプレミアリーグのアーセナルの大ファンです♪

下手くそながら、サッカーのプレーもしてます。
東京都北区1部リーグのチームに所属。

サッカーの体力作りの為に走り始め、友人に誘われマラソン大会に出場したのをきっかけにマラソンを始める。

自己ベスト

ハーフ
1時間24分17秒
(2012湘南国際マラソン)

フル
2時間57分57秒
(2013東京マラソン)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
今後のレース予定
15/02/22
東京マラソン

こっそりメールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Google
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。